発展途上国と正反対の廃棄大国日本


こんにちは!イシイです。

FAO(国際連合食糧農業機関)に依れば
飢餓が原因で1日に4~5万人(1年間に1500万人以上)の
人が亡くなり、そのうち7割以上が子供達だそうです。

驚く事に「飢餓」になるのは食糧が十分に
つくられていないからでは無いのです。

穀物は年間24億トン生産されています。
これは世界中の人が生きていくのに
必要な量のおよそ2倍になります。

1人当たり1年間の標準量は 180kg
それでも食べ物の不足している人が
いるのは、どうしてだと思いますか?

1人当たりの食糧供給量を比較すると
日本では必要なカロリーより31%も多く
ソマリアでは16%不足しています。

私たちのように食べるものがいつでも
十分手にはいるのは、世界のおよそ
2割の人だけなのです。

穀物は人間が食べるだけではなく
先進国では穀物の 6割(約4億トン)が、
ウシ、ブタ、ニワトリなどの家畜の
餌に、なってるのです。

牛肉1キロ作るために穀物11キロ
豚肉1キロ作るために穀物7キロ
鶏肉1キロ作るために穀物4キロを
消費してるのです。

結果として、世界の 2割足らずの先進国に
すむ私たちが世界の穀物の半分以上
消費しているのです。

世界で取れるマグロの4分の1以上も
実は日本で消費されています。

そのマグロ漁の餌として、東南アジアの人が
日常的に食べていた魚(ミルクフィッシュなど)を
使ったため、その値段が高騰。

地元の人はその魚を簡単に食べられなくなりました。

さらに、現地では高級魚でほとんど食べられない
マグロ(ツナ)は、日本では犬や猫たちが
ペットフードとして食べています。

日本の食品の半分以上は世界から輸入してます。

私たちは年間 5500万トンの食糧を輸入しながら、
1800万トンも捨てています。

食糧の廃棄率では世界一の消費大国アメリカを
上回り廃棄量は世界の食料援助総量470万トン(WFP)を
はるかに上回り、3000万人分(途上国の5000万人分)の
年間食料に匹敵してるのです。

日本の食品廃棄の実に半分以上にあたる
1000万トンが家庭から捨てられています。

この家庭からでる残飯の総額は、日本全体で
年間11兆円(旧科学技術庁「資源調査会第123回報告」より)

これは日本の農水産業の生産額とほぼ同額で
さらにその処理費用で2兆円も使われてるのです。

日本ほど大量に食糧を輸入しながら
廃棄を続けている国はないのが
悲しい現実です↓

コメントを残す