偏差値低い大学ほど奨学金延滞者が多い


こんにちわ!イシイです。

私は勉強が苦手で大学進学は
諦めました。

そもそも大卒の肩書きのためにFランク大学に
行っても一流は無理で誰でも入れる三流会社にしか
就職出来ないと思ったからです。

果たして借金してまでFランク大学に
行くべきなのか?

奨学金「延滞者数」が多い大学ワースト10に
よれば大阪産業大学や九州産業大学が延滞率も
2%以上のかなりヤバイ大学です。

大阪産業大学 延滞率 3.3%
九州産業大学 延滞率 2.4%

これは、どういう事かと云うと
ここに名前が挙がった大学に借金してまで
入っても卒業後稼げる仕事に就けない人が
多いと云う事でもあるのです。

これまで大学の序列は「合格偏差値」や
「就職率」などで決められてきました。

ところが、この奨学金延滞率データは大学別の
「卒業生の収入など生活力」(奨学金返済能力)を
示す新たな指標であり学生がこのデータを重視して
大学の選択を誤らなければ借金地獄からの
回避も出来るのでは~

極論、偏差値低い大学ほど延滞者が多いのは
当然の結果でもあるのです↓

コメントを残す