認知症になったら安楽死したいです。


こんにちわ!イシイです。

あなたは、高齢になった時の「死に方」について
考えた事は、ありますか?

『おしん』『渡る世間は鬼ばかり』をはじめ
国民的なテレビドラマを手がけてきた脚本家
橋田寿賀子(92歳)さんは2016年の雑誌インタビューで
「認知症になったり身体が動かなくなったりしたら
安楽死したい」と発言し大きな反響を呼びました。

これは、どういった事かと云うと
寝たきりになったり、重度の認知症になったりして
人に迷惑をかけてまで生きていきたくない。

ただ単純にそれだけの事で
実は私も同じ考え方なのです。

何故、そう思うかと云うと重度の認知症客が
セブンやファミリーでも実際にいて家族がいたら
大変だろうな~と感じたからです。

詳細は動画↓

コメントを残す