今年のレジ袋有料化でセブンの本売り場消滅?


こんにちわ!イシイです。

今、日本全国で書店の倒産や撤退が
激しく行われてます。

規模は大きくないものの、文教堂書店
カルチャーエージェント渋谷店は
2019年6月28日(金)に惜しまれつつ閉店

ジュンク堂は2020年2月末に京都と名古屋の
2店同時閉店

コンビニだとセブン、ファミリーマート、ローソンが
成人向け雑誌の販売を2019年8月をめどに、やめると発表

まあ、コンビニに関しては
今年のレジ袋有料化を目途にスペース確保の為に
本売り場全部を無くすのでは?

書店やコンビニで本が売れないのは
本を買うなら書店よりも中古で安く買える
Amazonで十分間に合うからでしょう!

それに紙の本よりも電子書籍の方が
スペースもいらないし~

今、書店で正社員やバイトで働いてる人が
もし、いたら早く転職考えた方が良いですよ~

時間の問題で、いずれは
あなたの職場は淘汰されます。

それから、どうしても出版業界で
働きたいなら個人事業主として独立して
私の様に電子書籍の量産でマネタイズ
していきませんか↓