働き方はzoomを活用した時間から成果主義へ


こんにちわ!イシイです。

日本の2019年10-12月期のGDP(改定値)は
年率換算で7.1%減となりました。

そして中国に端を発した新型コロナの感染拡大によって
2020年1-3月期のGDPは10%減~のマイナス幅が予想されて
このままでは、日本だけでなく世界もオワコン状態です。

ただ成功者の名言にピンチはチャンスという
言葉があります。

だから探せば逆転出来る
ビジネスチャンスも必ずあるのです。

最近ではコロナの影響で「テレワーク」という働き方が
やっと多くの人々に認知されるきっかけになりました。

東京の満員電車通勤は本当に必要なのか?
zoom普及で満員電車通勤は、もしかしたら
半減するかも知れません。

テレワークとは「テレ(tele)=離れたところで」と
「ワーク(work)=働く」を組み合わせた造語であり
情報通信技術(ICT)を活用した場所や時間に
とらわれない柔軟な働き方の事を指してます。

テレワークは働く場所によって「在宅勤務」
「サテライトオフィス勤務」「モバイル勤務」の
3つに分けられますが、もっとも重要なのは在宅勤務

総務省の2016年度の調査によれば、テレワークを
導入する企業の生産性は、導入していない企業の
1.6倍にもなるという結果が出たと言われてます。

実際に、テレワークを導入した企業の9割が
効果を実感することができたと回答もしています。

そして、これまで毎日の通勤に当てていた時間を
遠慮なく仕事に振り向けることができれば、
どれだけの成果が得られコスパも良くなる事か?

そのうえ、通勤による疲弊がなくなれば
仕事への集中力がいっそう高まり長労働時間を
減らす効果も見込まれます。

NECや富士通、パナソニックなど一部の大企業で
少しずつ導入が進んできたテレワーク

私の身近ではレンタルオフィスBASESで
zoomを活用してテレワークしてる人
かなり増えてきましたよ↓

さあ、あなたも早く始めましょう!