新型コロナ関係なくNHKのアメとムチで受信料徴収


こんにちわ!イシイです。

先週末ポストを開けてみたら
NHKから2つの受信料還元策の
お知らせが届いてました。

まず1つめは昨年の10月1日から消費税率引き上げに
伴う受信料の改定を行なわず据え置きとするため、
地上契約と衛星契約の受信料額は実質2%の
値下げとなると云う事。

そして2つめは2020年10月からは地上契約と衛星契約の
受信料額をさらに2.5%値下げする予定との事。

加えて、負担軽減策として既に実施している
「社会福祉施設への免除拡大」
「奨学金受給対象などの学生への免除」
「多数支払いにおける割引」に加え
4つ目の「設置月の無料化」が
19年10月から始まる。

値下げと負担軽減策を全て実施した場合
2018年度の受信料収入では6%相当
422億円規模を視聴者に還元

これまでNHKの受信料払ってない方も
これを見て「NHKさん、ありがとう!」と
納得して、すんなり払いますか?

世の中は新型コロナウイルスで仕事が
無くなったりリストラされたり、これから
食べていけるかどうかの正念場

よくも、どうでも良い様なNHKの受信料
支払いのお知らせを、この時期に
郵送してきたものです。

せめて「スクランブル放送を実施します」とか?
NHKを見てない生活苦の弱者位は取り立てで
追い詰めないで頂きたいものです。