上り坂の歩き方は膝を曲げ歩幅を狭くとる


こんにちわ!イシイです。

上り坂を歩く場合平坦な道を歩く時よりも
多くのエネルギーを使います。

例えば傾斜角が10°程度の穏やかな坂道でも
平地の3倍のエネルギーが必要だと言われてます。
上り坂の傾斜が20°~30°になればなんと
6倍以上のエネルギーが消費されるのです。

平地のウォーキングが物足りなくなったら
上り坂のウォーキングにチャレンジしてみるのも
良いですよ!

上り坂のある方は平地の歩き方とは違い
膝を曲げ幅を狭くすることがポイントです。

着地は、あくまでかかとから重心はやや前方に
置き体が後ろに倒れないように要注意

重心が前方に傾くとうつむきがちなりますが
顔を上げて広い視界を確保するように前方を
しっかりと見て歩くのが基本になります↓