3年後に飲食店が半減する恐怖と寂しさ


こんにちわ!イシイです。

昨日の午後、台風10号が
福岡県を通過しました。

共同通信の7日午後7時のまとめでは
台風10号の影響により九州を中心に
重軽傷者は計108人

避難者数は大幅に減り、山口、愛媛、宮崎
鹿児島4県の計1630人

台風が上陸するとほぼ必ずといっていいほど
死者が出ますが、今回は再三の警告があったので
至上最大規模の台風にもかかわらず死者が
鹿児島県の70代女性と佐賀県に住む50代男性の
2人という事は奇跡的だと思います。

後、台風の影響で気づきがありました。
昨日の昼12時~もち麦ご飯170円を買いに
ほっともっとに行くも17時営業で閉まってました。

他にもミスターマックスは15時~
セブンイレブンは店は開いてたのですが
配送業者が来てない為、米飯売り場はガラガラ

結局、美野島から博多駅周辺まで歩き
そこの、ほっともっとが開いてたので
もち麦ご飯を買いました。

この事から何が言えるかといえば
いつも当たり前の様に飲食店やスーパーに
買い物に行ってる我々ですがお店や
店員さんに感謝する事ですね!

セブンイレブンがオープンした時は
「開いてて良かった!」とお客に
喜ばれてました。

ただ、これから3年先は
飲食店やスーパーは、そんなに儲かる
仕事ではないですからドンドン潰れて
恐らく半減するでしょう!

だから、お客の我々も
買い物する時位は「ありがとう」と
感謝の気持ちを従業員に伝えたいですね↓