東京都の時短営業で令和2年で飲食店は閉店しろ


こんにちわ!イシイです。

東京都は、11月28日から20日間、酒類を提供する
飲食店やカラオケ店などに午後10時までの時短営業を
要請し応じた店には最大40万円の協力金を支給する
方針を決めたそうです。

応じた場合は1事業者当たり
1日2万円、最大40万円の協力金が支払われます。

ただ対応を決めかねたり「12月の繁忙期を逃したら
店は年内で確実に潰れるから今回は難しい」と
応じない店もあるみたい。

また「GoToイート」は、11月27日から3週間
都民が都内を旅行する際の割引「もっとTokyo」は
11月28日から20日間停止するという。

コロナ死よりも日本においては
自殺者の方がリアルに多い現実

私は個人的に、どうこう言えないのですが
今、赤字が雪だるま式に加速してる店は
令和3年から飲食店から何か他の仕事に
方向転換するのが良いかと思います。

飲食店の方は令和3年~
何の仕事が自分にふさわしいのか
あなたの未来を瞑想して静かな場所で
じっくり考えてみて下さい↓