楽天1500億円の使い道は携帯の基地局建設


こんにちわ!イシイです。

いや~日本郵政グループと楽天が12日
資本業務提携を発表した事には驚きました。

日本郵政は楽天に1,500億円出資することで合意
楽天がこの規模の大型出資を受けるのは創業以来初で
日本郵便の楽天への出資比率は8.32%になるそうです。

楽天は物流がネックで郵政側もITや金融面での
楽天のノウハウは欲しい所で、お互いの長所が
プラスに働く提携になるかも知れません。

逆に両社にとってプラスになるような提携にも
見えるが、実際に現場で仕事をすると、双方の
組織のカラーの違いで、色々とトラブルも
出てくる可能性も当然あります。

日本郵政はこれまで、三越、日本通運
トール社(豪)など大型資本・業務提携を
してきたが、全て失敗して大損している。

これからの楽天は、楽天モバイルで郵政の物流を
安く使い、郵政が持つ金融(貯金、保険など)不動産
特定郵便局を含む2万超の全国郵便局網、職員
個人情報などなどのあらゆる資産を使い尽くして
儲かる事を考えていくでしょう↓

いずれ日本郵政幹部がこんなはずではなかったと
自民党政治家に泣きつき楽天側は郵政の能力の
なさに呆れて提携解消になるのも時間の問題化も