人間の4倍のスピードで老化する犬と猫


こんにちわ!イシイです。

2020年9月現在、全人口の28.7%が
65歳以上の高齢者という割合だそうです。

そして2025年になれば高齢者5人に1人が
認知症の時代へ突入します。

平成29年度高齢者白書によると
2012年は認知症患者数が約460万人
高齢者人口の15%という割合だったものが
2025年には5人に1人、20%が認知症に
なるという推計もあります。

そしてこの認知症は人間だけで無くて
犬や猫にもあるのです。

もし、あなたの飼育してる犬や猫が
下記の様な症状をしてたら「認知症」の
可能性大です。

・徘徊する
・トイレを失敗する(場所を間違える)
・夜鳴きをする
・性格が変わる(攻撃的になる、など)
・甘えん坊になる
・ぐるぐると同じところを回る!

トイレを失敗したからと言って「なんで出来ないの!」と
決して叱ってはいけませんよ?もしかしたらそれは
「認知症」の症状かもしれませんから。

犬や猫は、人間よりも4倍のスピードで
年齢を重ねていくため、老化現象も
早いのです↓