ローソンもセブンも10年後にはAIが接客?

こんにちわ!イシイです。

今、コンビニは飽和状態に近づいていて
全国のコンビニ店舗数は約5万7000店で
3大チェーンで9割を占めるとも言われてます。

特定地域に高密度で出店しながら陣地を
広げてきたセブン-イレブン。

M&A(合併・買収)を重ねて拡大してきたファミマ。

いち早く47都道府県に出店し、全国チェーンの旗を
掲げてきたローソン。

店舗を増やす一方で、100円コーヒーなどのヒット商品や
ATMの設置といったサービスを次々と導入。

過去に幾度となくささやかれてきた
「限界説」を打ち破ってきました。

日本フランチャイズチェーン協会によると
2017年(暦年)の協会加盟のコンビニ既存店の
来店客数は前年比1.8%減で2年連続のマイナス。

夏の猛暑効果があった18年も、10月末までに
前年同月を上回った月は8月と10月だけ。

「コンビニエンスストア新聞」編集長の清水俊照氏によれば
「人口が減り新規店舗数が増えているから当然だ」との声も~

ここにきて他の小売り業態
特に大都市圏の郊外などに積極的に出店を進める
ドラッグストアとの競合も激化

大都市中心部のコンビニ店舗では、留学生が
大半を占める外国人の従業員の姿が目立ちますが
安倍政権が出入国管理法改正案を臨時国会に
提出した事で、いずれ、コンビニの店頭は留学生では
なく外国労働者が担うとの見方が支配的です。

私が働くセブンイレブンも10年後には
AI(人工知能)が接客してるかもしれないですね。

ところで3901さんは、どこのコンビニで
仕事してたのですか↓

人工知能AIによる日本の高齢者問題

こんにちわ!イシイです。

国連の推計によると2015年時点で約73億人の世界人口が
100億人に達するのが2056年で2065年に103億人そして
2100年には112億人に達します。

特に世界の65歳以上人口は2050年には16億人
2065年には19億人そして2100年には25億人と
急速に高齢者の割合が増えていくのです。

ただ日本の場合は真逆で世界最速で
少子高齢化と人口減少が加速中です。

人口問題研究所(IPSS)の予測によると
2015年に1億2709万人であった日本の総人口は
2025年に1億2066万人、2050年には9707万人
そして2100年には約8300万人と現在の約3/2に
なってしまうのです。

人口減少の影響を最も受けるのは、住宅市場で
2015年度に約92万戸であった新設住宅着工戸数は
2025年度に約67万戸に、2030年度には約54万戸に
減少すると予測されています。

これから懸念されるのは労働力不足です。
労働力不足は経済活動に直結します。

将来的な労働力の減少をAIやロボットが
代替する未来が、これから展望していくのです。

2025~2035年頃には、日本の労働人口の約49%が
AIやロボットによって置き換えが可能で2050年には
AIを活用した「自動運転」や、「介護ロボット」の
市場規模が、それぞれ約4兆6千億円、2,770億円という
巨大なものになると考えられます(NRI予測)

詳細は動画↓