YouTubeライブ9/1日20時~します。

こんにちわ!イシイです。

今日9/1日の夕方17時~
8月、僕が出した電子書籍
四国お遍路の旅 高知&愛媛編の
無料キャンペーン(9/1~9/5)を行います↓

そして久しぶりに
YouTubeライブも9/1日20時~します。

テーマは、今回の四国お遍路と
今3冊同時並行で執筆中の本の話も
少しさせて頂きます。

この3冊と云うのが今、トレンドキーワード
(ホームレス、風俗嬢、刑務所~)の
電子書籍になります。

まあ、時間がある方は
お遍路の事やホームレス、風俗嬢、刑務所他~
何でも質問してきてください!

それでは9/1日20時~YouTubeライブで
お会いしましょう~

植物で作られた徳島県の祖谷のかずら橋

こんにちわ!イシイです。

今回の四国お遍路旅で一番、僕が
感激したのは祖谷のかずら橋です↓

徳島県にある祖谷のかずら橋とは
長さ45m幅2mの吊り橋で橋の14m
下には祖谷川が流れてます。

この祖谷川は連日の大雨の影響で水位も、
かなり上昇。僕は渡りながら左手でカメラを
持ち動画撮影したのですが実際に前に進むと
橋板の隙間が広くてスリル満点で超コワーイ!

雨が降る中、誰もが傘をささずに前方と橋板を
見ながら転ばない様に慎重に進んでます。
この徳島県の祖谷のかずら橋は、かずらで
できた吊り橋で通行は1人550円が必要です。

かずらと板を編んで作っているので結構足元は
隙間があります。ヒールのある靴などで行くのは
危険なのでやめて下さいね!

高さも12mあり結構揺れるので
なかなかスリルがあり時々ガタガタと揺らす
不届き客がいて渡るのも怖いけれど、落ちたり
することは、まずあり得ないでしょう!

ただカメラやスマホなどの所持品は
落とす可能性もあるので要注意

夜はライトアップもあるようなので、近くの宿に
泊まっている人は行ってみてはどうでしょうか。
近くに大きな駐車場があるので、車での
アクセスも便利です。

ちなみに一押しは僕が泊った民宿みなみ↓

民宿みなみからだと祖谷のかずら橋が
目と鼻の先にあるので超便利

後、この周辺は18時位になると店も全て閉まり食事を
する場所が、ありません。

ただ祖谷渓温泉ホテルだと~18時までなら
テイクアウトで食事も用意してるので行かれてみたら
良いかと思います。テイクアウトのステーキ定食は
美味しかったけど午前中に入った秘境の湯は価格も
高くて正直イマイチでした↓

滝行するなら適度な水圧の36番札所 青龍寺

こんにちわ!イシイです。

今回のお遍路で高知県の36番札所 青龍寺へ
階段を登り向かってると左上の方から女性の声で
お経を唱えてる声が聞こえてきました。

そして、左上を見ると何と女性の方が
滝行をしながら、お経を唱えてるでは
ありませんか↓

実は昨日、ネットでググってたら
家田荘子さんのブログで青龍寺の滝行の事が
書いていました。

「滝行はとても気持ち良くて、
いつまででも滝に打たれていたいような
極楽境地の極上な気分でした。」と
家田荘子さんの感想も述べられてます。

僕が、ここに来る前に
立ち寄ったド迫力の琵琶の滝↓

に比べたら個人が滝行するには
適度な水圧で青龍寺は最高ですね!

台風直後の四国八十八ヶ所参り 高知&愛媛編完成

こんにちわ!イシイです。

四国お遍路の旅 高知&愛媛編の
電子書籍が完成しました。

今回は5月のGWの時に行った
徳島編と比べたら遥かに良いと思います。

前回は徳島だけで書いたので
ネタ収集が難しくて、書かなくても
いい様な記事も書いたように思えます。

ただ今回の高知&愛媛編は、どうでも良い様な
記事は出来るだけ書かない様にして文字数も
11000文字と前回13000文字よりも減らしました。

その代わりYouTubeの参照動画を10本位
名前にリンクを付けています。

関心がある方だけはYouTubeの参照動画も
見て頂ければ宜しいかと思います。

後1週間もすれば8月も終わりますが
今年じゃなくて来年の8月にお遍路に行く
予定の方は夏と冬に行くのでは、どういう
問題点が生じるのかが、この動画を見れば
参考にできるかと思います↓

今年の冬は香川お遍路と高野山に
四国八十八ヶ所のお礼参りに
行く計画もたててます。

夏と違い冬の場合は、おそらく雪や
道路凍結みたいな問題が出るんでしょうね!
まだ先になりますが冬バージョンも
乞うご期待~

土砂災害回避!香川県道6号~徳島66番雲辺寺

こんにちわ!イシイです。

8/8~8/15日の期間の高知&愛媛お遍路で一番
身の危険を感じたのは高知でも愛媛でも無くて
徳島の雲辺寺です。

高知&愛媛お遍路なのに何故、徳島が
出てくるのか?

おへんろの地元タウン誌などで調べたら
徳島お遍路は1~23番札所で終わりと思ってたのですが
何と66番札所の雲辺寺に関しては徳島県だったのです。

当初はロープウェイで行く計画を立てていたのですが
あまりにも酷い大雨で「ロープウェイが雨で運休では?」
と自分勝手に判断してナビの誘導に任せました。

これが悲劇の始まりです↓

香川県道6号~徳島66番札所雲辺寺へ大雨の中
向かったのですが、本当に危険度MAX状態で
土砂災害など起こらずに僕は運が良かったです。

雲辺寺に到着した後に納経所で60歳前後の女性の方に
聞いてみたら「あの道は危険なので、地元の人も
あまり使って無いですよ」との事。

考えてみたら大雨と云う事もあってか対向車もゼロでした。
一番、無難なのは雲辺寺ロープウェイ 山麓駅から
ロープウェイで雲辺寺山頂まで行く事です。

その雲辺寺へ車で行く方は
参道補修協力費というのを500円も払わされます。
お礼に箸は頂きました↓

雲辺寺以外でも大雨の日は土砂崩れの危険な寺は
スルーする様に皆さんも心掛けて下さい!

しまなみ海道→瀬戸大橋ドライブ

こんにちわ!イシイです。

昨日は、今治~尾道までしまなみ海道ドライブの
話をしましたが、実は、この後、今治に戻っても
何か、つまらないと乗り気がしませんでした。

その時、ふと閃きました。
「そうだ!岡山まで行き坂出までの
瀬戸大橋ドライブでやろう!」

岡山県倉敷市と四国の香川県坂出市を
つなぐ瀬戸大橋。

5つの島に橋が架かっていますが、そのうち3つの島 
与島(よしま)岩黒島(いわくろじま)櫃石島(ひついしじま)に
実は降りることも可能なのです。

これは以前から僕が知ってたと言う事ではなくて、
たまたま橋の真ん中で与島を見つけたので知ったのです。

大雨だったのでトイレに行きドリンクを買うだけで
スグに与島を後にしました。

天気が良ければ展望台からは、瀬戸内海に浮かぶ
島々を360度見渡すことができ、大小さまざまな船が
行き交う様子を眺めることができるので、もう少し
長居したかもしれないです。

ここでしか見られない360度の絶景を次回
行く機会があればカメラに収めたいですね。

綺麗な橋~しまなみ海道ドライブ 今治→尾道66km

こんにちわ!イシイです。

今回の高知&愛媛お遍路旅は後半4日間は
雨で満足に回る事が出来ませんでした。

ただ僕は、そういったアクシデントも
予期してて、車でドライブをする事を
考えてました。

その1つが、今治~尾道間の
しまなみ海道ドライブです↓

海景色が美しい、しまなみ海道は
大島(おおしま)伯方島(はかたじま)
大三島(おおみしま)生口島(いくちじま)
因島(いんのしま)向島(むかいしま)の
6つの個性あふれる島です。

ブックオフで購入したるるぶ情報版 四国
によれば今治の亀老山山頂から望む夕焼けや
瀬戸内海の景色を一望できるのは感動もの

今回は雨で難しかったけど天気が良ければ
次回は1日費やして、しまなみ海道のサイクリングも
挑戦してみたいと思います。

第45番札所 岩屋寺もおにやんま君は夏は必須

こんにちわ!イシイです。

第45番札所 岩屋寺は、駐車場から約800m
歩かないといけません。300円の有料駐車場が
3つあり早く岩屋寺に到着したい方は一番上の
駐車場に停めていけば宜しいかと思います。

ちなみに僕は歩くのが苦にならないので
距離が遠い一番下の駐車場に停めました。

それから虫対策には最低20分は
歩くので、おにやんま君付けて
回るのが良いかも知れないです。

寺は山の石崖にへばりついて立てられていて、
本堂の屋根の上に、仏さまの顔にも見える巨岩が
むきだしで自然の力を感じさせます。

本堂の上の岩壁には、たくさんの岩屋があいていて
木製のはしごを上っていくと修行場も見学できる。
残念ですが僕は疲れてたので、はしごは登らないで
スグに帰りました。

この迫力は、もしかしたら今回の
高知&愛媛お遍路で一番圧巻の風景です↓

テーマがない岩本寺と統一感ある八坂寺の天井画

こんにちわ!イシイです。

お遍路回りする時、つい見落とし
がちなのは天井  ただ天井にも絵が
ある事で他の寺と差別化ができるのです。

ちなみに、あなたは下記の寺の
どちらがタイプの寺ですか?

全国から寄せられた岩本寺の天井画は
全部で575枚。テーマがないので仏像から
マリリンモンローまで様々↓

逆に八坂寺は極楽浄土の絵と
統一感があります↓

横峰寺の問題点は料金所で侵入してくるアブ

こんにちはイシイです。
昨日の続きです。

最悪の車中泊で、しんどい中
どうしても気分転換したかったので
西条市の、はなまるうどんで納豆定食を
注文して、その後にトイレに行き
歯を磨きました。

そして、お遍路難所の横峰寺へ
行きました。

朝、1番に行くことで対向車は
行きも帰りも全く無くてスムーズに
行けました。

ただ1つ想定外の注意点があります。
それは虫がとにかく多いのです。

横峰寺へ行くときは途中
料金所を通過しないといけないのですが
その時に窓をあげると、アブが入ってきました。

何故、こんなにアブがいるのか?
その理由は横峰寺の納経所に行って
判りました。

僕と同じくらいの年齢のおばさんが
『何かかわいいアクセサリー身に着けてるね~』と
行ってきました。

これは虫よけの為のオニヤンマ君で
『アブやハエ、ミツバチなどから守れるんです』と
僕が返答すると『ほんとなの~』と
驚いていました。

おばさんが言うには横峰寺の水は、
清流なのでアブが大量発生するそうです。

ちなみに、オニヤンマ君を一番
購入する人は釣り人な理由も納得です↓