ススキノ風俗店の銭湯営業

こんにちわ!イシイです。

北海道を襲った地震で最大震度6弱を観測した札幌市。
揺れの影響により、多くの店舗が一時休業を
余儀なくされました。

「働けない分、少しでも被災者の力になりたい」
そんな思いから、ススキノ風俗店の店主が
7日昼から8日朝にかけ或る行動を起こしました。

地震が発生した6日の夜、同市の歓楽街・ススキノにある
風俗店スタッフが「銭湯営業に、なりました!」と
ツイッター上で公開

500円で店内の風呂場を貸し出す事などが書かれ
1万6千件以上リツイートされました。

この店では地震発生後、停電で室内の設備が
機能しない状態に~

女性店員の多くも、家族を気遣って帰省し
営業も困難になりました。

一方、店には風呂場が八つあり、シャンプーやタオルを完備
水道とガスは通じていたため、被災者向けに開放する事に

男性店長によると、7日昼から8日朝にかけ、約70人が来店。
県外からの観光客や家族連れ、いずれも地震によって
自宅や滞在先の風呂が使えなくなった人達でした。

尚、9日以降は通常営業に戻り
風呂の提供はしてないそうです。

このwithnews記事から私の見解を言わせて頂ければ
台風や地震など何かアクシデントが起こった場合は
損得抜きで困ってる人に奉仕活動する事が結果的には
後で何らかの形で自分に戻ってきます。

それは多くの人に喜ばれる事でもあって
返報性の法則が生じるのです。

逆に人が望まない、感心ない企画を
例え北海道で行なっても企画倒れで終わり
虚しいだけです。

それを考えると私が企画した
北海道せどりは、まずは合格です。

1週間前にYouTubeに投稿した北海道でのBOOKOFFの
せどり動画も視聴回数100回を超え嬉しい事に2回も
コメントをくれる熱烈ファンも現れました↓

多少のリスクはあっても遠方せどりは続けます。

こんにちはイシイです。

8/31日に北海道せどりから戻って、直ぐに
「台風21号」「北海道地震」と災難が続いてます。

北海道ではボランティア受け入れ「まだ」 の
問い合わせが続々してるそうです。

私が、いつも遠方に行く時に不安に思う事は
台風です。

何故なら遠方に行く時は飛行機を利用する為
便が欠航になれば現地に行けなかったり逆に
福岡に戻れなかったりする事も当然、
考えられるからです。

仮に便が欠航となれば飛行機代は戻ってくるのですが
2~3ヶ月前に予約してたレンタカー代のキャンセル料金を
支払わなければなりません。

これからも遠方せどりは年1~2回のペースで
飛行機を利用して、行こうと計画してるので
いつかはアクシデントに直面するかと思います。

ただ多少の金銭的なリスクや災害に直面しても
遠方せどりは続けていきます。

私を応援して頂ける
せどりファンの為にも↓

もし来世、ゴキブリに生まれ変わったら?

こんにちはイシイです。

私は、お盆や正月など特別な日を除いては
毎朝5時に起床するのが日課に、なってます!

朝、5時に起きて歯を磨いて顔を洗い
行きつけの公園で5分位、体操をします

それから自宅に戻りブログやメルマガ等で
情報発信するのです!

たまに考え込んでたら「ミーミー」と
セミの鳴き声が外から聞こえてきます

私の住むアパート横には大きな木が
何本か、立ってるからでしょうね!

後、セミは、カナブン同様に明かりに
寄ってきますね!

朝5時に電気を付けたら私の外の
網戸に良くとまってます!

実は、この前、YouTube動画を
公園で撮影してたら、セミの鳴き声が
入ってました!

視聴者の方に、コメント頂きましたので
動画で返答します!